ストレスからくる自律神経失調症は自分でケアして治す!

ストレス解消はリラックスしてリフレッシュ…毎日の生活習慣を改善する秘訣!

自律神経失調症が辛くって運動が出来ない時には…

time 2017/07/27

自律神経失調症が辛くって運動が出来ない時には…

①自律神経失調症運動が出来ない理由

自律神経失調症が治る治療法は運動療法
一番に短時間で自律神経が整います

でも,問題がある
自律神経失調症で体が具合が悪い
メンタルも不安定で気分がすぐれない
体を動かす事が辛い
立ち上がることも辛い
出来るなら
座っていたい
横になっていたい

そんな状態で運動療法が出来ない

だいたい
体力が無い
動きたくても動けない…

あなた自身も運動療法の必要性は判っているハズ
でも動けない…だから悩んでいる???

自律神経失調症を患っている人の共通な悩みです

②良くなった人のケース

その患者さんは,20歳女性…
自律神経失調症からうつ病になった患者さんでした
体も辛く気持ちも意欲がまったくない
寝ている事が多く
筋力が落ちてしまって自力で立ち上がる事が出来なくなってしまった
母親が救急車で精神科へ入院
薬物療法でメンタルは良くなった
食事も食べれるようになった
もうそろそろ退院しましょう…という話になった
でも,足の筋力が落ちてしまって歩けない
足がぷるぷる
直ぐに座り込んでしまう
足の筋力が落ちていると言う事は
全身の筋力も落ちている
骨のゆがみも出てきている

運動しましょう
歩きましょう
体操をしましょう

起きているのも辛いのに
運動は拒否

ある日
トイレまで歩けるようになったら
すぐに退院できるのに…と話したら
その言葉に
表情が硬くなった
うつむいてしまって
食事も食べない
薬も飲まなくなった

家庭に問題がある…この時点で推測できたのですが

母親に事情を聴いたんです
やっぱり大きな問題があった
義理の父親とうまく行っていなかった
というより
10代の頃から性的な虐待を受けていた
どうして子供ために離婚しないのですか?
と聞いたら
母親は,食べて行けない!

あの子は自立したいとお願いされたけれど
あの子がいないと寂しくって…
義理の父親も手放したくないらしく許可しなかった

あなたの家のひみつはばれてしまった
これからどうするのか…冷たい視線で問いただしたら

しぶしぶ自立させる
一人暮らしできるようにする…
ため息をつきながら母親の返答だった

すぐに,患者さんに
一人暮らしするためにリハビリをしよう…
と話したら
患者さんの顔色が変わった
一気に変わった
ホットした表情になった

病院でのリハビリの定番
足踏み運動器具を持っていくと
休み休みやり始めた

一気には出来ない
最初は2分でやっと
それでも休み休み
朝昼夕寝る前…少しずつ

翌日は筋肉痛で足が病むので
積極的にはしない
だいたい一日おきに
足踏み運動
休み休みやり始めて
1か月かかって歩けるようになって退院しました

自宅には帰らず
母親が用意したアパートへ帰りました

心が病んだ原因は
義理の父親より
母親に問題があった
母親が差し出した
食べて行くために言う事を聞きなさい…言い聞かせて育てた
毒親なのに
でも,母親とは切れない

自分で考え行動する事は出来ないように
母親がコントロールしていた
でも今回の事があり
カウセリングを受けて
患者さんは考え方が変わった

自分で稼いで自分の人生を生きる!
毒親はいらない!
そいう目標を立てたら
半年後に達成しました

母親より職場で知り合った彼氏を優先にしていた

自分の居場所が無い人は
心が病みます

あなたにとって
落ち着く居場所があるのなら
回復は早いです

③リハビリの定番の足踏み運動器具

これで歩けるようになった!
ステッパー
icon

最近の投稿

カテゴリー