メンタルが辛い時は自律神経を整える入浴・入浴剤

メンタルが辛い時は自律神経を整える入浴・入浴剤

前向きにケアすれば楽になるメンタル
その前に
あなたの抱えている心の問題を考えよう

メンタルの治療…自宅で出来るセラピーの紹介です

メンタルが病むケース

当てはまったら参考にしてほしい

今の状況は…
周りがざわついている
いつも衝突している
いつも対立している

冷静に話しあえる人達ではない
これからも…
心が休まらない状況になっている

毎日イライラした生活
笑う事はなくなった

関心がない
周りの事ではなく
自分の事がどうでもいいくなった

日常生活が壊れて行く
身体も壊れて行く
心が壊れて行く
そう感じたんです

これからも
そこで頑張っても
不安定な状況は続く
今より浮き沈みな状況は激しくなる
けして
落ち着く居場所にはならない

もし,あなたもそいう状況なら

そうなる前に…
過去ではなく
将来をみてほしい

今の状態で
来年…再来年…3年5年…10年
自分はどうなるんだろう???

考えて欲しい
過去ではなく
未来に目を向ける

克服したケース

一番安らぐ居場所は
風呂場
入浴している時が
邪魔されず静かな時間が得られる

そこで
瞑想するんです
一度頭の中を空っぽにする

そして
風呂場でノートセラピーをする
これからどうしよう…どうしたい?
自分に問いかける
すると,ふっと思い浮かぶキーワードがある
書きとめてごらん~

3週間…21日間
試しにやってごらん

夢・希望が見えてきたら
一気に楽になる…

メンタルが楽になる入浴法

メンタルが辛い時におすすめ入浴法があります
瞑想浴
『雑念をはらい日々の緊張をやわらげる”瞑想”をとり入れた入浴法』
瞑想の鍵は、お湯の浮力と深い呼吸にあります。
呼吸に意識を集め、お湯の浮力を借りながら全身の力を抜き、ゆったりとリズミカルに呼吸を続けます。

① 38℃~40℃のぬるめの湯にメディテーションバスαをとかし、湯ぶねにつかります。
この時、桃源郷に溶けこんだ自分をイメージしてください。

② くつろいできたら、目を閉じて頭を湯ぶねのへりにあずけます。
腕は前へ軽くのばし、楽な姿勢をとります。

③ 息を口から静かに細く吐きながら、からだの力を抜いていきます。
お湯に身をあずけると、からだが自然と沈みこみ、腕もだらんと下がってきます。

④ 息を吐き切ったら、鼻から静かに息を吸います。
浮力でからだがぽっかり浮かび、腕も自然に上がってきます。

⑤ ゆらゆらと浮遊しながら、吸う息に対して吐く息は2倍くらいの長さで、
ゆっくり呼吸に意識を集中します。

これを続けていると、いつしかお湯と皮ふとの境がなくなり、お湯にからだが溶けこんでいくような
感覚がおとずれます。充分にリラックスして終了です。

瞑想を促すために開発された入浴剤があります
一本使い終わるころには
きっとあなたのメンタルはらくになっているはず?

メンタルが辛い時は楽になる入浴剤

 


必須!ノートセラピー
こころが晴れるノート

メンタルが辛い時には…関連記事


あなたの抱えている心の問題・悩み・トラウマ…
当てはまるものをクリックしてほしい