③魔法の治療は運動療法!隙間時間はステッパーで社会復帰

魔法の治療は運動療法!隙間時間はステッパーで社会復帰
サルコペニアという症状を知っていますか?
寝たきり老人だけではない

もしかしたら
心が病んで体が痛いしびれる
だから動けない
部屋に閉じこもっている
状態なら
たぶん…サルコペニア

それに肥満傾向だったら
もっと重症になる
サルコペニア肥満!

立ってトイレに行くのも辛い
風呂なんて疲れるから無理!

だからずっと座っている
うつ向いて座っている
反芻思考の世界に引き込まれていく…

たぶん
あなたはそうなる
想像してほしい…

サルコペニア
筋力の低下です
運動じゃない
体を動かさなくなると
筋力が低下する

片足で立って
靴下がはけない
パンツ・ズボンがはけない
ちょっとヤバイかも?

そんな状態なら
疲れて30分立っていられない

背中が張る
腰が張る
立っていられない

そのうち
日常生活が出来なくなる

食事の買い物出来ないし
台所に立って料理も作れない

掃除が出来ない
ゴミの判断が出来ないから
ゴミが捨てられない

床上10センチのゴミ
の上に座り込んでいる

風呂なんて
疲れて入れない
顔も洗わない
歯も磨かない

昼だか夜だか
判らなくなる
昼夜逆転の生活になる

うつ病のサルコペニアほど
回復させるのは難しい

理由は,
理解してくれない
理解力がなくなる

運動不足の話ではなく
体を動かさなくなると
脳に酸素がいかなくなる
理解力がなくなる

それがヤバイ!

もう,ひきこもりになっているのであれば
ステッパー

メンタルは運動療法で回復します

あるうつ病患者のケース
強制的に運動をさせたんです
20代で寝たきりにさせるわけにはいかない
体が痛いから動けない
運動なんて無理
毎日喧嘩だった

5分でいいから…30分説得
朝昼夕・寝る前に
5分ステッパー
お互い1週間頑張った

おむつが外れて
自らトイレに行けるようになって

筋力がついたら
自分に自信がついたんでしょ
それから回復が早かった
自ら退院し
社会復帰しました

魔法の治療は運動療法!隙間時間はステッパー